Read Article

シュリンクラベル印刷の3つの悩みを解決!
小ロット多品種のシュリンクラベル

シュリンクラベルでよくある3つの悩み

小ロットで印刷したいのに
ロットが合わない

1つめの悩みが、ロットです。シュリンクラベルの場合、販売見込みに合わせたシュリンクラベル印刷が無駄がなく理想です。しかし、これが叶わず、破棄するはめになります。

デザインの異なる
多品種のシュリンクラベルが作れない

シュリンクラベルの場合、季節やイベント、キャンペーンに合わせたデザインを行いたいものですが、複数デザインの印刷ができないという悩みがあります。しかも小ロット多品種となるとなかなか難しいです。

販売促進・キャンペーン連動の
シュリンクラベルの実現

大手企業では、シュリンクラベルとWEBキャンペーンを連動させるなど、様々な販売促進を展開できます。しかし、小ロットとなるとこれもなかなか実現できません。

この3つの悩みを解決するデジタル印刷を活用した
シュリンクラベル印刷サービス

デジタル印刷により「版」なしで印刷可能!だから小ロットも対応
弊社のシュリンクラベル印刷はデジタル印刷機を使用しています。そのため、版が不要で、小ロット対応が可能です。

可変印刷も可能!多種多様なデザインの制作が可能
さらにデジタル印刷特有の可変印刷にも対応しています。そのため、複数パターンのデザインのオリジナルシュリンクラベルの印刷が可能です。

シュリンクラベルと連動したキャンペーンや販売促進の企画立案
シュリンクラベルにQRコードを印刷しARやスマホサイトと連動させたキャンペーンの企画から制作、実行支援まで、ワンストップでご支援が可能です。

小ロット・多品種のシュリンクラベルを活用したアイディア例

シュリンクラベルと
WEBキャンペーンサイトとの連動

シュリンクラベルとWEBキャンペーンサイトとの連動による販売促進です。シュリンクラベルからWEBキャンペーンサイトに連動させ、販売促進やニーズ調査などに活用します。

テストマーケティングに使う

例えば、新商品を開発し、実際にテスト販売するときにも、小ロットのシュリンクラベルは活用できます。どんなラベルデザインが店頭で効果的か?を実験することができるのです。A案からD案のように4案ほどラベルデザインを考え、それを実際にテスト販売し、売れるデザインを見定めるわけです。

小ロットのシュリンクラベル印刷に関して

シュリンクラベルの素材と納品形態について
弊社で取り扱っているシュリンクラベルの素材はP.E(ポリエチレン)の50ミクロンのみで、納品形態は以下の3種類よりお選びいただけます。

シュリンクラベル印刷までの流れ

シュリンクラベル印刷までの流れについては、下記の通りです。

①お問い合わせ
まずは、こちらからお問い合わせください。ご検討用の資料のご請求や、シュリンクラベル印刷の相談、見積もり依頼などをお受けいたします。シュリンクラベルのサンプルの送付なども可能です。
②ご要望のヒヤリング
お問い合わせ後、御社のご要望をお聞かせください。納期、ロット数、デザイン、キャンペーン連動など、現在のご要望をお聞かせください。
③弊社からのご提案とお見積もり
ご要望に合わせて弊社からご提案させていただきます。
④ご検討
弊社からのご提案に対して、御社にてご検討いただき、さらにご要望等ございましたら微調整いたします。その後、正式にご発注いただければ、シュリンクラベルの制作に入ります。

さらに詳しい内容は下記からお問い合わせください

シュリンクラベルの品質を
確かめたい。サンプルが欲しい

シュリンクラベルのサンプルを差し上げます。今利用されているシュリンクラベルとの品質の差などをご確認ください。

申し込みする

シュリンクラベル印刷の
詳細資料

弊社のシュリンクラベル印刷に関する概要、料金体系、おおよその納期などをまとめた資料です。

資料の詳細はこちら

見積もり・事例説明・
相談

その他、見積もり依頼、事例の話が聞きたい、相談したいことがあるなどはこちらからお問い合わせください。

相談・見積もり依頼する

Return Top